世界中で愛されるばいあぐら事情

世界のばいあぐら事情

日本でもポピュラーなED治療薬と言われているばいあぐらですが、世界ではED治療薬は重要な位置づけになります。ばいあぐらを使用して、どんどんセックスの満足度を上げようとみんな思っているのです。日本でも最近はセックスレスによる離婚が取り沙汰されています。昼顔妻なんて最近も注目されました。夫のセックスに満足していない妻が多いってことですよね。夫婦の離婚理由になるくらい、セックスにおける満足度は重要なアドバンテージを占めています。それなのにパートナーのことを満足させられないなんて、大問題じゃないでしょうか。

日本人はあまりセックスにおいて公にしない傾向にありますが、世界ではセックスが生活の中で重要な役割だと考えているので、男性が女性を満足させてあげられないと、こっぴどく罵られてしまうこともあるそうです。そんなときに海外の男性は、ばいあぐらを使用して女性を虜にしているそうです。ED(勃起不全)に悩んでいる人は今すぐ試してみましょう。

海外のばいあぐらとセックス事情

ばいあぐらとセックス事情

日本ではまだまだ普及していないばいあぐらですが、海外ではEDの治療に一般的に使用されるお薬です。
日本と海外を比べるとセックスに対する考えや習慣の違いが見られます。日本はまだまだセックスに対して閉鎖的な国だといえます。海外ではセックスに対しての夫婦セラピーなどセックスの悩みや障害を声に出して解決する風潮があります。また環境上、一夫多妻制など異なった状況でセックスするといったこともあるかと思います。たかがセックスの悩みではなく、離婚や子作りにまで影響します。
女性も性に対してアグレッシブな傾向にあり、積極的にパートナーにセックスを求めたり、追及に余念がありません。女性用ばいあぐらなどを使用し快感を高め、セックスを楽しんでいる方も多いのです。

女性用ばいあぐらの詳細はこちら

日本でのばいあぐらとは

日本でのばいあぐら

日本でのばいあぐらとは、最初に米国で発売されたED(勃起不全障害)治療薬です。現在日本では臨床治験中で、未承認の薬となります。その為に病院で処方を受けることができますが、保険適用外の為、服用するにあたって高額な費用が必要になります。
また、EDに対する世間の理解も進んでおらず、偏見や誤解が多いのも事実です。ばいあぐらも含め、セックスの話は大っぴらにできないと思います。なので日本では、まだまだ恥ずかしいものという位置づけなのです。

ただ現在の日本では、生活習慣や食生活の変化によって、ED(勃起不全)に罹患する男性が増えてきているといえます。日々多忙な生活をする中で性欲の減退などから始まり、性機能の低下が見られる方もいます。食生活の乱れにより、血流の悪化や肥満でEDに罹患する方もいます。

生活環境の変化により、日本人男性のEDの罹患率が上昇しているといわれています。ばいあぐらはEDを治療する上で高い効果を発揮するので、ぜひ日本でももっと普及し、購入しやすい薬になるべきだと思います。現在の日本では保険適用外な上に、専門の病院も少なく、海外からの個人輸入や輸入代行を利用する以外に方法がありません。安全に購入するには、正確な知識が必要になります。副作用なども心配される薬ですが、正しく使用することでそのリスクは下げることが出来ます。

ばいあぐらついて詳しく知りたい方はこちら

海外でのばいあぐら

海外でのばいあぐら

海外でのばいあぐらは、日本と比べるとメジャーな薬と捉えられています。それは、生活習慣の違いや結婚制度の違いから来るものもあるかと思われます。海外では、夫婦関係を保つためのカウンセリングや、国によっては一夫多妻制など習慣があります。後者の一夫多妻制の国では、それぞれの妻とセックスを営む必要があるのです。まさにそういった場面でばいあぐらは役目を果たして、効果を発揮する薬といえます。海外では、米国がいち早くED治療薬としてばいあぐらの承認を取り、実際に発売しています。また、ジェネリック医薬品などの新薬の開発や、形状・服用方法の異なるものなどバリエーションも様々です。種類が多いというのは、それだけ需要のある医薬品であり、まだまだ開発が続けられている薬と言えるでしょう。

通販で購入できるばいあぐらの種類はこちら

これらばいあぐらは、アジア諸国をはじめとした多くの国では、一般の薬局などで間単にこの薬を購入することができます。ただし国によってはその多くが偽物であったりするので、充分に注意が必要です。日本では恥ずかしいとされて秘密にしがちな性の悩みですが、海外ではオープンな方も多くいます。

ばいあぐらは有名人も

そしてばいあぐらの使用を公言している有名人もいます。ハリウッド俳優のマイケル・ダグラスやジム・キャリーなども使用しているそうです。また、自身はEDではありませんでしたが、ばいあぐらのCMにサッカーの神様ペレが出演していました。イタリアの自動車CMでは、ばいあぐらを与えられた小型車の給油口にこの薬が入ることで、ムキムキと大型車に変身するといったCMもあります。このように日本と比べるとEDや性に対する考え方が、日本とはまったく違うことがよくわかります。

少し余談にはなってしまいますが、アフリカのタンザニアにはマサイばいあぐらと呼ばれるものがあります。天然成分100%で作られたマサイばいあぐらは、効果が一晩中(12時間)続くとされています。その為この薬は、一夫多妻制のマサイ族の夜の生活を支えているといわれています。昔からハーブなど天然の精力剤が用いられながら、セックスの満足度を高めてきたのです。

海外ではEDに対する理解が深まっており、恥じることなくばいあぐらを使用している方も大勢います。多くのEDは精神的なことが原因のひとつになっているので、悩みを抱え込まずにいることも改善に繋がるかもしれません。

ばいあぐらを通販で購入したい方はこちら

トップへ戻る